はじめての借り入れの際にいくらまで借りられるか

現在の貸金業法では、消費者金融などの貸金業者からは「50万円以上」または「他社合計で100万円を超える場合」には所得証明の提出が必要となっています。基本的には超えなければ提出は不要となっていますが、場合によっては提出を求められる場合があります。

 

さて、貸金業法で定める所得証明の提出ラインと限度額について、果たしてどのような関係があるのでしょうか。

 

消費者金融での借り入れというものは、多くの場合が少額のキャッシングという位置付けになっています。少額とは言っても2万円や3万円ではなく、20万円や30万円程度の借り入れをすることが多いのです。100万円を超えるような大きな金額の借り入れとなると、キャッシングではなく目的を持ったローンを組むということも多いでしょう。

 

消費者金融側も多額の貸し付けをする場合には審査が慎重になる事になり、上記の所得証明の提出ラインを超えるような契約の場合には、審査が厳しくなってきます。提出された書類とあわせて信用情報をしっかりと確認し、それだけの金額を貸しても問題ないかどうかが判断されるのです。

 

初回の契約に限ってはそのような大きな金額での審査に通る事は珍しく、大体は50万円以下のような少額の借り入れに留まることも知っておいた方が良いでしょう。

ローンとキャッシングの違いとは

ローンは手元に現金が届かずに支払いを済ませることが多く、目的に従った目的以外には使えない借金となります。住宅ローンであれば住宅の購入費以外には使うことが出来ず、自動車ローンに限っても同じです。

 

対してキャッシングの場合には特に目的は定まっておらず、資金使途を自由としていることがほとんどなので自分の計画通りに現金として自由に使うことが出来るのです。