審査基準を知って消費者金融を賢く利用しましょう

消費者金融を利用する際に、必ず審査が行われ借り入れが可能かどうかを判断されますが、大抵サラリーマンとして働き一定の収入がある場合には審査は通ります。消費者金融の審査の基準の大きなポイントとしては、定期的な収入があることが挙げられていますので、現在無職でない限りは年収の3分の1の範囲内でお金を貸してくれる可能性が高いです。

 

もちろん信用がないと借り入れは難しいので、フリーランスとして活動されている場合には、収入証明書などの提示が必要になる場合もあります。ただ、パートやアルバイトでも借り入れが可能になっている現在、消費者金融を利用できる可能性は以前に比べると格段に高くなっている印象です。

 

審査も定期的な収入以外に、他の消費者金融からの借り入れがないかどうかをチェックしています。この2点が問題ない場合には、安心して申し込んでも大丈夫です。万が一審査に落とされた場合でも、消費者金融は日本に沢山ありますので、次のところに申し込みを行うだけです。

 

一度返済などのトラブルがあった場合など信用を失っている状態になってしまうと借り入れが難しくなりますので、計画的な利用を心がけて、印象を良くしておくことが重要です。

債務整理後でも借りられる消費者金融